ロプオン



シアン?
その人にはどうしたら会える?!

直接は会ってはくれないだろう。
直属部隊の私でさえ、直接会う事もできずに投獄されたのだ!
君もたちまち投獄されるだろう。

なぜ投獄されている?

ウイルスに感染したからだ。
地上で呼吸すれば感染し生きられないと言われている。

何故だ?体は何ともないじゃないか!
ちゃんと生きている!僕も!
ウイルスなんて嘘だっ!

嘘かもしれない。
だが、シアンはウイルスの発動を恐れているんだ。
いつ発動するかわからない、未知のウイルスをね。
ここに投獄された人間は全員感染者というわけさ。
不測の事態でヘルメットが外れた者や、
自ら地上で生きる道を選んだ者と色々いるがね。
犯罪者ではない。
Pagetop

ロプオン



父の名前は?

ブルー。
ブルー博士と言われていた。

ブルー博士は、時空間研究の責任者だった。
お前が息子だったのか。

父を知っているのか?

いや、詳しくは知らないし、消息も知らない。
塔の人間はもともと、地球の人工衛星シアンフロートから帰還した人間だ。
シアンフロートは新エネルギー研究のため建造された衛星で、
ブルー博士を知らない人はいないのさ。
ガルダナが地球を襲った時の混乱で、行方不明になっていることは知っていた。
もし消息を知っているとすれば、シアンだ。

Pagetop

ロプオン



父を探しているんだ。
塔の人達は、宇宙から帰還した人なんだよね。
人がいれば何か手掛があると思ったからさ。
父は時空間でガルダナに向かって行って、
行方不明なんだ。
Pagetop

ロプオン



スロウさん!
どうしてこんな所に?!

それは私が聞きたい。

僕は塔に行きたいんだ。
だから、あなたの向かった先を目指していた。

なぜ塔に行きたい?
Pagetop

ロプオン



ジルブレード?!
ジルブレードなのか?!

こっちだっ!
後ろだっ!
Pagetop

ロプオン



こっちも頼む!
助けてくれ!
家族が心配なんだ!

この人達は何で囚われているんだ?

ワカリマセン。
コノ通路ニ50人点在シテイマス。

どうしたらいいんだろう?
出してあげるべきなのか?
悪人ではないのか?
Pagetop

ロプオン



頼む!助けてくれ!
ここから出してくれ!

人間だっ!

数日前から急に電気が消えた。
それから誰もこなくなった。
今なら抜け出せる、助けてくれ!
Pagetop

ロプオン



奥が見えないな。

コノ通路ト、飛行経路ガ一致シテイマス。
生体反応ハコノ近クデス。
複数アリマス!

先へ進もう。
Pagetop

ロプオン



ライトを点けて。

サーチライト点灯シマス。

あれは?
牢屋なのか?

ライト広角モード点灯シマス。
Pagetop

ロプオン



中は真っ暗だ。
沼の水が入っていた跡がない。

壁デ完全ニ遮断サレテイタヨウデス。
Pagetop

ロプオン



生体反応ハ、コノ扉ノ向コウ側デス。

大きい扉だな。開けられるのか?

電磁ロックハ効イテイマセンガ、
機械式ロックガ施サレテイマス。
レーザーデ焼キ切リマス。
Pagetop

ロプオン



ココハ時空船建造都市デシタ。
工場階層、住居階層、管理階層ノ三層構造デス。
生体反応ハ、最下ノ工場階層奥カラデス。
Pagetop

ロプオン



あの頃のようにね。
Pagetop

ロプオン



父サンハ、母サンヲ時空間実験ニ参加サセタ事ヲ、
ズット悔ヤンデイマシタ。
ダカラ、アナタヲ時空間ニ連レテ行クヨウニナッタノデス。
アナタヲ一人ニシタクナカッタカラ。

分かっているさ。その事を恨んだりしてない。
ただ、また3人で暮らしたいだけさ。
Pagetop

ロプオン



コノ都市ハ、完全ニハ砂ニ埋モレテイマセン。

この街に見覚えがある。
父さんと母さんと住んでいた。
あの事故があるまで一緒だった。
Pagetop

ロプオン



ここが僕の生まれた場所か。
暗くてよく分からないな。

センサーノイズ除去。
清掃アリガトウゴザイマス。

付近デ生体反応アリ!
ガルダナ、トハ波形が違イマス。

監視を続けてくれ。
朝になったら近くへ行ってみよう。
Pagetop

ロプオン



ここは何処だ?
あそこに見える穴は?

暗視カメラ起動シマス。
穴ニハ時空船ガアリマス。
ココハ、アナタガ生マレタ場所デス。
Pagetop

ロプオン



追跡経路修正シマシタ。

動けるのか?

問題アリマセン。
頭部センサーヲ清掃シテイタダケマスカ。
Pagetop

ロプオン



安心シテクダサイ。
コノメカノイドハ超高耐圧壁デス。
潰レマセン。

埋まってしまったらどうなる?

私ノエネルギーハ無限デス。
カナラズヌケダセマス。

そうだったな。
どれだけ落ちている?


約500メートル降下シマシタ。
追跡経路ヲ再計算シマス。。。
Pagetop

ロプオン



前方モ崩落。
走行緊急停止シマス。
地形スキャン間ニ合イマセン。
衝撃ニ備エテクダサイ。

うわあああっ!
Pagetop

ロプオン



後方デ崩落発生。
コチラヘ拡大シテイマス。
マモナク到達。

ど、どうすれば?!
回避できないのか!
Pagetop

ロプオン



ガルダナの巨人を過ぎる。
これで3体目だ。

足場が悪くて思うように走れない。

コノ先デ崩落ノ恐レアリ。
迂回ヲ推奨シマス。

分かった。迂回してくれ。
Pagetop

ロプオン



分からない事だらけだ。
沼の水が一瞬で消えたのも分からないし、
ガルダナの中のミイラも。。。
父さんが現れたことも、
何か関係があるのかもしれない。

まずは、この沼の果てを目指そう。
塔が見えるまでは行ってみよう。。。
Pagetop

ロプオン



沼の中で見たあれは夢だったのかな。
父さんを抱きしめた感覚が残っている。
塔には近づくなと、そう言っていた。
どういう意味だろう?
これから塔へ行こうというのに。
Pagetop

ロプオン



こんな事があるのか?!
まるで人間の頭蓋骨じゃないか。
機械とつながっている。。。
生物なのか、機械なのか?
Pagetop

ロプオン



ガルダナをスキャンしろ!

動キナシ。
熱反応ナシ。
外装不明。地球ノモノデハアリマセン。
微小生体反応アリ。

せ、生体?!

下りて近寄ってくれ。
中を開けてみる。


Pagetop

ロプオン



ガルダナは止まったままだ。

パ、パワーチップがあそこに!


Pagetop

ロプオン



うわっ!

ガルダナ!!
Pagetop

ロプオン



沼の水が…

消えた!
Pagetop

ロプオン



ジルブレー……

塔には…

近づく…な…

Pagetop

ロプオン



と、父さん!
会いたかったよ
もう、一人は嫌だよ

やっと見つけたぞ。
長い間一人にして済まなかった。
もう少し辛抱してくれ。
父さんはまだやることが残っている。
諦めるな、ジルブレード!
父さんも諦めない!
Pagetop

ロプオン



ジル…ブレード…

ジルブレード!
諦めるな!
Pagetop

ロプオン



と、父さん!
僕はもうダメだ!
Pagetop

ロプオン



うわああああっ!
Pagetop

ロプオン



パ、パワーチップが沈んてしまった!
Pagetop

ロプオン



ああっ!
Pagetop

ロプオン



あっ!
パワーチップが…
Pagetop

ロプオン



うわあっ!
ビームを発射される!
Pagetop

ロプオン



ガルダナ!
やっぱりお前たちが地球に来ていたのか
Pagetop

ロプオン



僕が時空にいた間に、
地球はガルダナに滅ぼされたのか?
しかも陸地も何も砂で覆われて、元の姿でなくなってしまった。
これもガルダナがやったことなのか?
いったい何があったのだろう…
Pagetop

ロプオン



コノ時空船ハ、地球ヘ突入中デス。
心配シナイデ。
私ガアナタヲ守リマス。


父さん、無事でいて!
待ってるから。
Pagetop

ロプオン



ブルー博士の時空船が戻ってきました!
船体が破損しているようです。

こちら、シアンフロート。
ブルー博士、応答下さい!!

…返信ありません!

時空船が地球へ突入します!
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール/Profile

伊藤地里

Author:伊藤地里
ご訪問ありがとうございます。
イラストレーター伊藤地里のブログへようこそ。
SF冒険絵物語-ロプオン-では、
ワクワクするような絵を目指しています。
自由に想像して絵を楽しんでもらえたら嬉しいです。


記事は時々、修正をしたり、削除したりします。
ご了承下さい。

手元にある本:シュナの旅 宮崎駿
いつもパラパラめくって見ています。


***********************
このブログ内のイラストの著作権は伊藤地里に帰属し、無断使用・転載は禁止です。 Copyright (C) 2018 CHISATO ITO All right reserved.